尾堂 竜太

私たちの会社は、一軒の家(1施主)に対して一人の担当が、営業も図面おこしも行い、資金面のアドバイスから工務にも携わり、メンテナンスにも飛びまわります。それこそ、0~100まで徹底して関わるのです。これを小さい会社だからこそのメリットだと私たちは考えます。なにせ、最重視したい”設計にこだわる”ことができるのですから。住まいのイメージを図面にすることは、施主様とのコミュニケーションが大切です。たくさん話して、本当に求めている家を探りながら、ともに描いていくこと。住まう人にとっての“良い家”を叶えるため、これが私たちにとっての最善のスタイルなのです。


池澤 誠

 私が育った家は木と紙(障子紙・襖)と畳だけで作られた家でした。外壁に張られた板や雨戸の板が風雨や日照で自然とうづくりの床板のようになっていくのを面白いなと感じていました。木の節や木目が幽霊やお化けに見えこわかった記憶があります。                             子供はあるきっかけで、何かに自然の法則を見つけ出そうと観察や感性を磨いていくような気がします。そんな自分の原風景を木楽な家で育つ子供たちにも感じてほしいと思っています。


中野 徳二孝

『楽しい家造りをしたい』こう思ったのは中学2年生の夏でした。 近所の空き地の何も無い所に家が建った事に強烈な衝撃を受けたのです。 以来家の事を勉強して、いろんな建物を建ててきました。 今でも少年のような心で、毎日ワクワクしながら家作りの事を考えています。 正解がないのが家作り、どんな暮らしをしたいか、ゆっくり私に教えてください。 アイデア次第で面白い家ができます。夢を形にするのが私の使命です、 『家族が楽しく集える家』こんな家を楽しみながら一緒に作っていきましょう。


秋葉 俊宏

人に優しい住まいをつくりたい。そして、それが何世代も大切にできること。 その為に、環境のことをよく考え、自然に学び、これまで日本で続いてきた古き良きものをうまく取り入れる。そして何より、小さな心遣いを大切にする。それが生活をされる施主様の小さな喜びになったら嬉しいと思います。木の香りがして、過ごしやすくて、やすらぐ。そんな気持ちがいい家づくりを、"木楽な家"を通して、身体いっぱいを使って、学び、実践していきたいと思っています。


柿内 大工

  「木楽な家」づくりは、新建材を一切使わない工法であり、自然の木材をそのまま生かしているため、仕事に取りかかる前に柱・梁・床・腰板・天井などの材料を選別し、各部屋を如何にバランス良く仕上げるかという仕事から始まります。 大工仕事が100%近く各部屋にそのまま出てきますので、我々大工職人に取っては技術と技の見せ所であり、気の抜けない職人冥利に尽きる仕事と日々頑張っています。


米永 大工

  今やっと、これまで積み重ねてきた技術を発揮することのできる仕事と出逢えた。 この仕事をして自分自身も健康的な木の香りのする家に一度は住んでみたいと思った。今後もまだまだ腕を磨き、お客様に満足していただけるような家づくりに励みたい。


石塚 大工

   木楽な家は、木の素材力を生かした家づくりだと思います。 自然木の木造軸組の構造体は本当に美しいです。 今後も、大工として木の素材力を生かした仕事を続けて行こうと思います。


小園 大工

  木楽な家は、構造的な特徴により建物全体の空間を有効に活用できるように考えられています。杉材もこれだけふんだんに使うと室内の湿度を十分に調整してくれると思います。 こんな家づくりに係われる自分は大工として腕の振るいがいがあります。


愛甲 大工

 木楽な家の仕事に携わり、柱・梁・桁が見える造りで仕事をしているとき木が呼吸をしているのがわかり家も生きているのだと思います。 使う材料がベニヤや新建材じゃなく、本物の木なのですごく暖かい感じを受けます。自分もこういう家に住みたいと思います。


東瀬戸 明 左官

 今までの住宅とすると、浴室作り・外壁のモルタル塗り・内壁の漆喰塗り・土壁塗りなど左官仕事も多く、腕の振るいがいがあります。 今後も今までの経験を生かし、新しいものへも挑戦していきたい。


東瀬戸 隆 左官

 私は、父の背中を見て左官になりました。 京都で修行を積み、鹿児島に帰ってきて、木楽な家では、主に漆喰、土壁塗りに携わっております。 塗り壁は、とても神経を使う繊細な仕事ではありますが、これまで培った技、技術を生かし、住む人を優しく包んでくれるような仕上がりになるように願い塗っております