幸せな気持ちで過ごせる家。



 “健康住宅”とは、体の健康はもとより、心も健康で過ごせる家のことだと思っています。たとえ『木楽な家』でも、住まう人にとって居心地が良くなければ、その人にとっての健康住宅とは言えないのかもしれません。また、家づくりの過程を一緒に楽しめないのも不健康だし、金銭面で無理がでるのもやっぱり不健康。  
だから私たちは、施主様とあらゆることを話し合います。資金面からどんな間取りで、どんなデザインで、どんな暮らし方で、どんな将来を過ごしたいのか。双方に面倒なこともありますが(笑)、高い買い物ですし、それからの長い年月をともに過ごすパートナーにもなるのです。良い家をつくりたい、との思いは同じなんですから妥協はしない方がお互いのため。そうすると、新居へ引っ越し後の心身健康度も高まるはずです。