心を解放して暮らせる住まい

「木の家を造りたい」という思いがいろんな人へ導いてくれました。
 カイケンの浦上社長との出会い、尾堂産業の家を初めて見た時の感動は忘れられません。この我が家なら、これまで以上に暮らしを楽しめそうです。

惚れ込んだ素材を用いた家で自分たちらしい暮らしを。

「木楽な家」は、当初から音響熟成木材や幻の漆喰、清活畳を採用して作られてきた。Iさんは家づくりを考え始めたころ、それらの素材を提供するカイケンコーポレーションの社長に偶然出会ったそう。「その日地が社長だと知ったのはだいぶあとからなんですが、すごく新年を持っていて私たちの疑問にも誠実に対応してもらいました。だからカイケンの素材を使って家を建てたいと、住宅メーカーを探したんです」。




なかでもIさんご夫婦の考えやスタイルにしっくりと馴染んだのが尾堂産業の「木楽な家」だった。もともと自然に包まれた暮らしを希望しており、「畑仕事もできる場所を」と土地探しからリクエスト。抽象的ではありながらも明確なビジョンがあったIさん。それにこたえるように、当社からも様々なアイデアを提案し、満足度の高い家づくりを実現している。特に当社社員でもある大工の技術や細やかな心遣いについてはご夫婦ともにべた褒め。ご主人も「家が完成して、棟梁と離れるのが寂しかったほどです(笑)」。

なんとなく集まりたくなる、居心地の良さ。

I邸があるのは、田園が広がるのどかな場所。奥様の故郷である佐賀県伊万里の風景にも似ているそうで、リビングに座っているだけでも気持ちがホッとする。みんなが集まるリビングは、よく観察すると椅子以外でも座れる場所があちこちに。例えば、一段高くなった掃き出し窓の踏み板はちょうどいい高さのベンチ。ダイニングの奥には「楽座」と呼んでいる2畳の畳スペースもある。リビング階段に座るとキッチンとも近く、親子のコミュニケーションをより楽しくしてくれそうだ。








「ストレスなんか家に帰るとどっかに行っちゃいますよ」とは奥様。ご主人はウッドデッキに出ると、時間を忘れて景色を見ていることがあるらしい。ともに忙しい仕事を持っているご夫婦。心が和む空間づくりはもちろん、生活動線に配慮した間取りや収納を作ることで、機能的な暮らしもかなえている。       
≪前へ 一覧 次へ≫