これからの人生をもっと楽しむために!
小さな家で大きく暮らす住まい

小さいながらも夫婦で
楽しく過ごせる我が家に。
デッドスペースがなく,家中を遣いきれるのも良いですね。すでに1.5年暮らしていますが満足度は100点満点!いまだに「木の香りがするね」といわれるのもうれしいですよ。

二人暮らしを楽しむためのコンパクトな家づくり。

この土地で雑貨店を営んでいたUさん夫婦。看板を降ろして二人暮らしを楽しもうと、店舗併設だった住まいを建て替える決心をしたのが2年前ほど前のこと。そこで相談を持ちかけたのは尾堂産業だった。「見学会にも足を運び、改めて尾堂産業の家づくりを見極めたうえでお願いしたんです」。当社の提案する『小さな家で大きく暮らす』というコンセプトにも共感できたそう。






しかもただコンパクトなのではなく、機能性や住まい手に応じた使い勝手にも優れているのが大きな特徴。天然素材をたっぷり使った心地良さも1年半前の入居当時から変わることなく、現在にいたっている。

間仕切りを最小限にして開放感のある空間を実現。

平屋建てであるU邸のテーマは『明るさと開放感』。以前は半分ほどが店舗スペースだったため、居室は日当たりが悪かった。そこでLDKは大胆にワンフロア。壁やドアで小さく仕切らず、玄関から入るとリビングからダイニングまで見渡せることで、より日理びりと見える効果もある。こゆらへのアクセスは昇降しやすいよう階段に。ストリップ階段なので視界を遮らないのもポイントだ。








間仕切りがないので動線もスムーズ。ドアの開け閉めなど余計なアクションがいらないので、年齢を重ねたご夫婦も「住みやすい!」と口をそろえる。「遊びに来た孫たちも家中を走り待回ってますよ」とニッコリ。

ライフスタイルが一変!これまで以上に生き生きと。

平屋建てであるU邸のテーマは『明るさと開放感』。以前は半分ほどが店舗スペースだったため、居室は日当たりが悪かった。そこでLDKは大胆にワンフロア。壁やドアで小さく仕切らず、玄関から入るとリビングからダイニングまで見渡せることで、より日理びりと見える効果もある。こゆらへのアクセスは昇降しやすいよう階段に。ストリップ階段なので視界を遮らないのもポイントだ。

≪前へ 一覧 次へ≫