木の香りと新鮮な空気が家族をやさしく包む、
「木楽な家」の寛ぎ住まい。

とても暮らしやすい家ができました。
細かい部分まで尾堂さんがいろいろと提案してくれたり、職人さんが丁寧に作ってくれたおかげで、とても暮らしやすい家ができました。子供たちも大喜びで走り回っています。

家族が気持ちよく過ごせる自然素材の家。

  木のぬくもりに包まれ、清々しい空気が流れるN邸は、一見すると平屋のように見えるが、大容量のロフトを設けた小屋裏2階建住宅。この家に使われているのは、県内産の杉や幻の漆喰といった天然素材のみ。開口部を大きくして外の空気をたっぷり取り込み、自然の力で室内の化学物質を分解するシステムは、家族が健康で快適に暮らせる住まいを実現している。当社に出会うまで、さまざまなモデルハウスを見学し、他社での家づくりも検討していたというご夫婦だが、雑誌に掲載されていた記事を見たことが『木楽な家』を選ぶきっかけとなった。「尾堂産業さんの事務所を訪ねて話を聞くうちに、ここにお願いしようと思ったんです」とお二人。住む人が気持ちよく過ごせること、心を癒せる空間であること、そんな想いが『木楽な家』には込められている。

光と風がたっぷり入る開放的な空間設計。

「夏場でもほとんどエアコンは必要ありませんでした」とご主人がいうように、N邸は高い天井と対面上に付けられた窓のおかげで通気性に優れ、風通しは抜群。さらに、屋根と壁に使われている断熱材と遮熱板が外の空気を二重にブロックしている。

 プランニングでリクエストしたのはアイランドキッチンと、リビングの畳スペース。特に手作りのシステムキッチンは使い勝手も良く、「娘たちと一緒に料理できるのがうれしいですね」と奥様に大好評。また、LDKが北側に面しているというのも特徴の一つ。北からの光は一日中やわらかく、夕方になると日影になって過ごしやすいのだそう。北は暗いというイメージとは逆に、北側に大きなサッシがあること、東の窓や南側に配置した和室からの光も届くことから、家全体が明るい印象に満ちている。

安らぎ住まいに子供たちも大喜び。

 2階建住宅といっても、家族の居住スペースは1階のみ。「家族が普段過ごす場所を広くしたい」とLDKにたっぷりのスペースを取り、和室へもフラットに繋がる。寝室と子供部屋にはハシゴがあり、そこからロフトにあがれるようになっている。ロフト部分は、三人の娘さんが成長してそれぞれの個室が欲しくなった時に利用する予定だが、今のところは収納スペース兼子供たちの遊び場になっているのだそう。この家に住むようになってから、娘さんたちは進んで手伝いをしてくれるようになったり、家の中を走り回ったりとのびのび暮らしているという。「尾堂さんに出会えてよかったです。室内が気持ちいいのでよく眠れますし、何より子供たちが喜んでいますね」とお二人。『木楽な家』は家族の心も和ませてくれる安らぎの住まいといえそうだ。

≪前へ 一覧 次へ≫