引っ越し後も健やかに。



  残念なことに、いくら化学物質のガスを出さないように家を建てたとしてもそれが本当に“健康住宅”であるとは言い切れません。なぜなら、引っ越し後の家具、家電、衣類などからも化学物質は発生されるから。住みはじめたとたんに、不健康住宅になってしまいます。  
 私たちの考える健康住宅とは、いつでもキレイな空気に満ちた家。そのために、“音響熟成木材”、“幻の漆喰”、“清活畳”“土壁”などを用いて、様々な化学物質を吸着・分解させるのです。住まう人だけでなく、訪れた人も心地良く清々しい気持ちにする家。これまでもこれからも、『空気』を見つめた健康住宅を考えていきます。