出会いからアフターフォローまで



 家づくりは一般的に分業制です。営業担当が打ち合わせをして、設計士が図面におこし、工務が家を建てる、といった流れ。私たちの会社は、自慢じゃありませんが小さい会社です。一軒の家(一施主)に対して一人の担当が、営業も図面おこしも行い、資金面のアドバイスから工務にも携わり、メンテナンスにも飛び回ります。それこそ、0〜100まで徹底して関わるのです。シツコイくらいに(笑)。
 これを小さい会社だからこそのメリットだと私たちは考えます。なにせ、最重視したい“設計にこだわる”ことができるのですから。白紙の状態から住まいのイメージを図面にすることは、施主様とのコミュニケーションが大切です。たくさん話して、意見を交わして、本当に求めている家を探りながら、ともに描いていくこと。住まう人にとっての“良い家”を叶えるため、これが私たちにとって最善のスタイルなのです。